かくふとは?

定番の煮物
定番の煮物

  お麩は元来中国で生まれ、室町時代の日本に伝えられたと言われています。江戸時代になると、お麩は庶民にも広く伝わり、地域によって独特の変化をとげていきます。美濃・尾張地方では『かくふ』として馴染があり、主に煮物やすき焼き等の鍋物、田楽などにして使われています。
飽食の時代と言われている現在、お麩は高タンパク・低脂肪な健康食として注目されています。また、最近では脳の働きを高める“健脳食”としても注目されています。麩自体は無味無臭なので、和洋中どんな料理にも使うことができます。 ”麩”は無限の可能性を秘めている食材なのです。

森 製麩所

〒503-2311

岐阜県安八郡神戸町川西26番地の1

TEL/FAX (0584)27-3781
E-mail:f-mori@octn.jp