第26回 岐阜県農業フェスティバル

Facebookでも投稿しましたが、昨日は家族で岐阜県庁周辺で行われた『第26回 岐阜県農業フェスティバル 』に出掛けてきました。

昨年は、駐車場がいっぱいで止めることができずに断念したので、2年ぶりです。11時から15時前くらいまで居ましたが、あいにくの雨にも関わらずたくさんのお客さんでした。いろいろなお店を見ていると、「トウモロコシパウダー」が目に留まりました。郡上市の石徹白地区で栽培されたトウモロコシを粉末加工したもので、サンプルを少し味見しましたが、一般に売られている外国製のコーンパウダーの薬臭さがなく、トウモロコシ本来の甘みを感じました。何か麩に混ぜて使えないかと思い、サンプルを送ってもらうようにお願いしました。

独特の甘い香り『食用ほおづき』
独特の甘い香り『食用ほおづき』

ヒマラヤアリーナ内の地域食品コーナーで変わったものを見つけました。『食用ほおづき』です。岐阜市内の和菓子屋さんに置いてありました。初めは「ほおづき」の文字にビックリ!!お盆のお墓参りに用いるほおづきとは違い食用のほおづきで、試食させて戴くと独特の香りがして甘く美味しいんです。日にちが経つともっと甘い香りがするそうで、珍しさと独特の甘い香りに思わず購入しました。

洋風大福のような『栗きんとん しらゆき餅』
洋風大福のような『栗きんとん しらゆき餅』

次に揖斐川町の「みわ屋」さんの『栗きんとんしらゆき餅』です。「みわ屋」さんは先月の商工会の広域研修会でご一緒しました。私は栗きんとんに目がないんです!!普段は高いのでなかなか口に入りませんが、これは栗きんとんをクリーム状にし、大福生地で包んだお菓子だそうで今まで食べたことがなく、500円で安い!と感じ衝動買いしました。夜に食べましたが、ふわふわの大福生地でなかの栗きんとんクリームも軟らかく洋風大福のようで大変美味しかったです。

この他にも、県内の地域特産品や野菜・果物、屋台など数多くが出展しており、全てをじっくり見るには時間が足りませんでした。

たくさんのお店がある中で、揖斐郡を除いた西濃地区の店が少なかったように思いました。来年はかくふを知って戴くために出展するつもりで見ましたが、人の多さに驚き「自分にできるんだろうか?」と尻ごみしてしまいました。

森 製麩所

〒503-2311

岐阜県安八郡神戸町川西26番地の1

TEL/FAX (0584)27-3781
E-mail:f-mori@octn.jp