新しい『タワシ』使ってみる...

 

以前「亀の子(パームやし)たわし」に代わる掃除道具として、「抜けにくさ300%UP!!」の商品を

 

試して費用対効果が小さいため断念しました。

 

今回は、和歌山県海南市にある『たわし工房㈲東田産業(http://www.kainantouda.com/)』

 

さんの「PPタワシ」をサンプル戴き試しました。

 

下の写真左半分(2つ)が㈲東田産業さんの通常商品(やわらかい毛)で、右半分(2つ)がかための毛を

 

使用したものです。

 

新しい『タワシ』
新しい『タワシ』(左2つがやわらかめ、右2つがかため)

 

かためのタワシは、毛が硬すぎて女性が使うと「軍手のような手袋の上からでも手が痛い」との

 

評価でした。

 

やわらかめのタワシは、お湯を使って洗うとタワシの形がに変形してしまいます。お聞きすると、

 

「30度以上のお湯では変形して、それにより毛も抜けやすくなる可能性がある」と言われました。

 

かため・やわらかめのどちらの商品も、汚れ落ちは大して変りなく、激落ちはしません(涙)

 

但し、毛の色がカラフルで抜けても異物混入が容易に検出できる可能性が高いことと、お値段が

 

1個100円以下とお安いことから、使ってみることにしました。

 

森 製麩所

〒503-2311

岐阜県安八郡神戸町川西26番地の1

TEL/FAX (0584)27-3781
E-mail:f-mori@octn.jp