武芸川町の『つるむらさき』

こんにちは。毎度 ご愛読ありがとうございます。

 

今日は急遽お休みを戴いで、関市の武芸川町まで行ってきました。

 

実は、先月29日の『飛騨・美濃フーズマッチングフェア〜』に出展されていた中で、気になる

 

商品がありました。それが、関市武芸川町特産のつるむらさきなのです。「ほうれん草の

 

3倍のカルシウム」を含み、粘りがあってそのネバネバが小麦粉と相性が良く うどんにすると

 

つるんとした食感が病みつきになるとの事です。

 

武芸川町特産品開発企業組合『つるや』さんに伺い、お昼近くに着いたので『つるむらさき

 

うどん』を戴きました。

妻と温かいとろろうどん(左)とジャジャ麺風うどん(右)の定食を戴きました。薬草のような青臭

 

さが全く無くて、普通のうどんよりモチモチしているがつるっとした食感でした。息子のお子様

 

うどんに付いていたデザートのつるむらさき入りシフォンケーキもフォークで切れないくらいの

 

弾力があるのに かる〜い食感で驚きました。他にも黒米入りのご飯や小鉢のおかずなどあっ

 

さり薄味で大変美味しく戴きました。

 

その後、代表理事の杉山ミサ子さんにお会いして、『つるむらさき』の粉末を分けて戴きました。

 

先ずは、「かくふ」で試作してみるつもりですが、時間があれば「焼き麩」でも使ってみたい商材です。

森 製麩所

〒503-2311

岐阜県安八郡神戸町川西26番地の1

TEL/FAX (0584)27-3781
E-mail:f-mori@octn.jp