新商品開発(酒粕入り)

こんにちは。毎度 ご愛読ありがとうございます。

 

今回は揖斐郡大野町の『日本一小さな酒蔵』でお馴染みの

杉原酒造株式会社(http://www.sugiharasake.jp/)』さんから頂戴した「酒粕(下の写真左)」

 

入りかくふを試作しました。


切込み機で混ぜ合わせた段階から、酒粕の香りが工場内に充満します。

酒粕が結構水分が多めだったので、打ち水に注意しましたが柔らかめの生地となり、ボイル後の

出来上がりも柔らかめでした。

 

そのまま浸水してから、袋詰め・真空包装しましたが、香りはあまり抜けておらず、通常の

かくふよりも少し大きめになりました(下の写真右)。手触りが柔らかいけど、コシがあるような

かくふが出来ました。

 

通常商品と同じように熱殺菌した後に、定番の甘辛い煮物で試食してみましたが、うっすら

味も香りも残っていました。

酒粕を加えることにより、普段製造しているかくふよりも、柔らかいけどコシのある食感が
 

出せるような感じがするので、次回は原料の配合を変えて再チャレンジしたいと考えています。

 
酒粕入りかくふの煮物
酒粕入りかくふの煮物

森 製麩所

〒503-2311

岐阜県安八郡神戸町川西26番地の1

TEL/FAX (0584)27-3781
E-mail:f-mori@octn.jp