『鏡開きでぜんざい(かくふ入り)』

こんにちは、毎度 ご愛読ありがとうございます。

昨日(1/11)は、一般的に鏡餅をおろしてみんなで戴く「鏡開き」です。なので、我が家のおかず

シリーズは一日遅いですが『鏡開きでぜんざい(かくふ入り)』です♫

「鏡開き」とは、お正月に各家に迎え祭る「年神(歳徳神 とくしんじん とも言う)」が宿った

鏡餅を、松の内
が明けた1月11日にさげて食べること(松の内とは年神が滞在する期間の

 

ことを指し、この期間に門松を飾ります)。


丸いお餅に刃(包丁)を入れて切ることは「切腹」を連想させるため、木槌や手で割ったりする

のが一般的で、「切る」「割る」という言葉を避けて『開く』という言葉を使用。


これを調理してお雑煮やぜんざいにして頂くのが「鏡開き」なのだそうです。


我が家は、“おもち”ともちろん“焼いたかくふ”も入れて、ぜんざいを戴きました。

工場で「かくふの袋詰め&真空包装作業
をしていて、水が冷たく身体が冷え切っていたので、

休憩時間にみんなで温まりました(^o^)

鏡開きでぜんざい(かくふ入り)
鏡開きでぜんざい(かくふ入り)

森 製麩所

〒503-2311

岐阜県安八郡神戸町川西26番地の1

TEL/FAX (0584)27-3781
E-mail:f-mori@octn.jp