かくふとタコのキムチ炒め

こんにちは、毎度 ご愛読ありがとうございます。

我が家のおかずシリーズ『かくふとタコのキムチ炒め』です♫

明日、7月2日は雑節のひとつ【半夏生(はんげしょう)】です。関西地方では、半夏生に“タコ”を食べる

風習が根付いています。それに肖って、我が家でもかくふとタコをコラボしてみました。

醤油で下味をつけたかくふとタコをごま油で炒め、キムチで味付けします。火を通しすぎるとタコが

硬くなるので、手早く混ぜ合わせて全体が混ざれば、器に盛り付け完成です!

田植えを終えたこの時期にタコを食べるということには

稲の根がタコの足のように四方八方にしっかりと根付きますように。

稲穂がタコの足(吸盤)のように立派に実りますように。

との願いが込められていました。

このほかにも、福井県では一匹丸ごと焼いた焼きサバを一人一本、家族全員が食べるというものや、

香川県ではうどんを半夏生に食べる風習があります。

かくふとタコのキムチ炒め
かくふとタコのキムチ炒め

森 製麩所

〒503-2311

岐阜県安八郡神戸町川西26番地の1

TEL/FAX (0584)27-3781
E-mail:f-mori@octn.jp