かくふとハヤトウリの炒めもの

いただいた『ハヤトウリ』
いただいた『ハヤトウリ』

毎度 ご愛読ありがとうございます。

 

久々のブログ更新です。

 

先日、納品先で『ハヤトウリ』なるものをいただき

 

ました。

 

「薄くスライスして塩漬けにするか、豚肉などと

 

油炒めにすると美味しいよ!」とお聞きしたので、

 

早速チャレンジ!!

 

今日の我が家のおかずシリーズは、

 

『かくふとハヤトウリの炒めもの』です♫

 

ハヤトウリは、メキシコ南部から南米北部にかけて

 

の熱帯アメリカが原産とされる、ウリ科ハヤトウリ

 

属のつる性植物になる実です。アメリカではチャヨテ、フランスではクリストフィーネと呼ばれ比較的

 

メジャーな野菜の1つだそうです。

 

日本には1917(大正6)年に、鹿児島に持ち込まれ、栽培が広まったため、薩摩隼人の瓜という意味で

 

『隼人瓜(ハヤトウリ)』と呼ばれるようになりました。

 

かくふとハヤトウリの炒めもの
かくふとハヤトウリの炒めもの

 

教えられた通り、薄くスライスして、かくふと牛ハツ(心臓)と一緒に牛脂で炒め、塩コショウのみのシンプル

 

な味付けです。

 

ハヤトウリは特にクセもなく、シャキシャキとした食感、かくふのモチモチとの歯ごたえが楽しく、おいしい

 

一品でした。

 

海外では、ハヤトウリの中をくり貫いて器状にし、その中に果肉と挽肉などを詰めてグラタンに仕上げたり、

 

茹でたものを潰してタルタルソースのようにして食べたりもするようです。そのほか、肉料理や魚料理の付け

 

あわせとして煮た物が添えられる事も多いようです。

 

良い食材を教えていただきました。


森 製麩所

〒503-2311

岐阜県安八郡神戸町川西26番地の1

TEL/FAX (0584)27-3781
E-mail:f-mori@octn.jp